V-air あまばんHonda Cars 島根中央 Presents

応募作品紹介

(江津市)

深野良治

大平桜(おおびらざくら)

試聴はこちら

16歳から始めたギターも早40年。有名ライブハウスや刑務所の慰問、高齢者福祉施設に各地のイベントに出動!長年したためたハートで皆さんの心に響く歌を届けます。今回の応募曲は、浜田市三隅の名物「大平桜」の勇壮なたたずまいに敬意をこめて懇親の一曲に仕上げました。この春もぜひ訪ねてもらいたいです!

(松江市)

さ は

ケムリマチ

試聴はこちら

島根大学の弾き語りサークル“スナフキン”所属。大学2年からライブハウス等で活動。応募曲は自分の個性を深めようという動機で、初めて録音-MIXとも自分んでこなしました。今回は弾き語りですが次はバンドサウンドでブラッシュアップさせたいと思います!

(浜田市)

晶(アキラ) 

Hello

試聴はこちら

島根県立大学の2年の時、ギターを始め、今回初めてオリジナル曲に挑戦しました。友人に聞かせた際にビミョウな反応でしたが、友人が弾くギターに刺激を受けて短時間で仕上げました。行動をする前からあきらめる心癖を変えたくて、一歩踏み出してみました。

(浜田市)

アラーキーズ

六月の雨

試聴はこちら

Vo.& G.浜田のアラーキー70歳、G.みつぎ57歳アコースティックグループ。益田市のSunMoonHallを中心に出演。応募作は、まさにSunMoonでオリジナルソングを歌う企画のために人生初めて作ったもの。作詞は浜田での音楽仲間でカフェ経営のYUKAにヘルプを依頼しました。

(益田市)

Qzou パラダイス

愛しの彼女は更年期

試聴はこちら

51歳でギターをはじめ音楽活動をスタート。22曲のオリジナルを作り、毎月“9”のつく日にFacebookで生配信ライブを続けています。応募曲は、ユニークな視点で詞を描き歌でエネルギーをチャージしてもらえるよう意識しました。五十路男の日常体験から生まれた愛の歌です。

(米子市)

西村 弘命(コウメイ)

ふたり

試聴はこちら

2000年頃からはじめた音楽活動も20年。米子を中心とした活動もこの2年間は数回のライブのみ。しかしながら書き溜めてある数々の曲を通算3枚目のアルバムとして制作したいと思います。応募曲は20代後半に作ったもので、誰かを愛おしく想うピュアな感情をストレートに描いた作品で、ライブに欠かせない一生唄える曲です!

(益田市)

ブルートジャパン

欲望の挙句(あげく)

試聴はこちら

益田市のサンムーンホールやJAZZ喫茶マルフクに定期的に出演。今回のメンバーは Vo.& Sax野上よぞら,Ba.野上 寛,ピアノ石田鈴子,カホン.福間 一,トランペット大上 悟の5人組セッション。応募曲は、SKAのリズムでブラスを生かした意欲的なアレンジに挑戦しました。

(江津市)

AGE52(エイジ ゴウツ)

神在付きの街に

試聴はこちら

Vo.& AG.佐々木 進と 官澤 浩志の2人で52歳の時にデュオ結成。益田市のSUN MOON HALLを中心に島根県西部で活動中。ふきのとう、風などをカバーしています。コロナ禍で、ほとんどイベント参加できなかった2020年、せめて あまばん に…と再挑戦しました。曲のイメージは学生時代、夜行列車で帰省した記憶です…やや美化しすぎたかも(笑)

(出雲市)

さきお

蛙(かえる)

試聴はこちら

看護学生と大好きな音楽活動を両立。昨年12月にはライブハウス支援チャリティMiniアルバム「Short Story」を販売。この春からは看護師として仕事をしながらライブを継続予定です。応募曲は、ライブが思うように行かなかった帰り道、1匹の蛙を見かけたことからの気づき…「どんなにちっぽけでも、自分のまま、進んで大丈夫。」というメッセージを込めた作品になりました。

(松江市)

たじゃき

どこまでも続く道で

試聴はこちら

現在40代のソロシンガーソングライター。20代後半で出会った南米アンデス音楽に魅せられ、演奏と民族笛(ケーナ)制作に取り組んできました。2019年夏~20年3月まで初の南米旅行を経験。一人きりバックパッカーで貴重な時間を過ごしました。応募曲は壮大な旅をする少年の視点で歌っています。

1 / 512345