イベントレポート

エフエム山陰がお届けしたイベントなどの様子をご紹介します

FM山陰・BSSラジオ共同制作 防災特別番組 「命と暮らしを守るパートナー~いざというときのラジオ~」 豪雨災害への備え編

ラジオはいつでも、どこでも、あなたの暮らしに寄り添います。
エフエム山陰 と BSSラジオ、山陰に位置する2社のラジオ局が共同制作する特別番組の第9弾。

  • 6月12日(日)8時30分~8時55分
  • パーソナリティー 大坂愛(エフエム山陰アナウンサー)、桑本みつよし(山陰放送アナウンサー)

bousai

山陰エリアをカバーする FM山陰と BSS山陰放送は、災害からリスナーの皆さんの生命や暮らしを守る目的で災害時における情報発信 および 防災啓発に関する協定」を、山陰両県の全ての市町村と締結しています。

そして、2局共同で制作する防災番組も、今回で10回目。今回は、「豪雨災害への備え」を、エフエム山陰の大坂愛、BSSラジオ桑本みつよし、両アナウンサーが分かりやすくお伝えしました。

ポイント①
この梅雨の降水量は、6月(平年並みかやや多い)、7月(平年並み)との傾向を踏まえ、大雨に関する警報が出ているとき、お住まいの地域の危険度が一目でわかるよう、気象庁ホームページの「キキクル」を紹介。
「浸水害キキクル」、「土砂災害キキクル」「洪水害キキクル」、それぞれの地図で危険地域が色付けされます。PC・スマホから一度アクセスして見て下さい。

ポイント②
ゲリラ豪雨の際には、川・水辺だけでなく崖など傾斜地の土砂災害にも警戒が必要です。
生命の危険度が高い順に、「土石流」➡「崖崩れ」➡「地すべり」ですが、ハザードマップの危険地域は、近くに住居のない地域は表示がないケースもあります。そこで避難する経路が安全なのかを平常時に把握しておくことをおすすめします。

ポイント③
学校や地域で防災・減災の学習に役立つ書籍、「実験で学ぶ土砂災害/日本土木学会」では、災害発生のメカニズムや、対策・行動のしかたなどを掲載。ぜひ参考にしてもらいたいです。

「50年に一度」と言うような大雨は、毎年のように日本のどこかで発生しています。日頃からの心構え、近所の方々との関係づくり、そして「いざという時のラジオ」をお忘れなく…。

<エフエム山陰から生放送!>おかえりなさい!楢崎誠(Official髭男dism)の『ロヂウラベース』

4月18日(月)にOffical髭男dismのベース/サックス担当楢崎誠さんがエフエム山陰の新社屋に初来社!

Official髭男dismの楢崎誠さんが、2022年4月からエフエム山陰でも放送をスタートした 自らの番組『ロヂウラベース』(毎週月曜21:00~22:00放送)の生放送を行いました。4月15日(金)16日(土)17日(日)松江市総合体育館での【Official髭男dism one – man tour 2021-2022 - Editorial】を終え、エフエム山陰の新社屋に初来社。地元での懐かしい思い出話や松江市役所前に掲示されたメッセージボードの話など、山陰トークを展開しました。
ぜひ、またいらしてください。お待ちしています!


2022年04月25日まで radikoタイムフリーでもお聴きいただけます♩ 
ロヂウラベース | エフエム山陰 | 2022/04/18/月  21:00-22:00
https://radiko.jp/share/?sid=FM-SANIN&t=20220418210000

S__1998864 S__1998865

S__1998861 S__1998894

S__1998869 20220419

ヒグチアイ【最悪最愛】

  • 2022年4月17日(日)開演17:00
  • 出演:ヒグチアイ、高田リオン(エフエム山陰)、中尾真亜理(日本海テレビ)

快晴の日曜日、エフエム山陰「高田リオンのGO-!EVENING!」×日本海テレビ「オンガクお嬢Remix」がコラボするイベントを松江canovaで開催しました。
TVアニメ【進撃の巨人 The Final Season Part 2】のEDテーマ「悪魔の子」で今、大注目のシンガーソングライター ヒグチアイをゲストに迎えて「歌ありトークありのライブイベントです!」とお知らせしていたとおりのミュージック&バラエティー、会場のお客様参加コーナーは大きな拍手とマスク越しでも分かる笑顔の夜になりました。

番組MC ふたりのオープニングトークに続き、オープニングアクトとして高田リオンも歌唱。
そして、ヒグチアイの圧巻のステージでは、静寂の中に響き渡るピアノと歌声で一瞬で空気を変え、会場をヒグチアイの世界観で包みました。以前 松江に訪れた思い出話も飛び出し、楽曲「悪魔の子」、エフエム山陰でパワープレイだった「やめるなら今」など、新アルバム「最悪最愛」からメインに披露されました。
第二部は、日本海テレビの音楽番組「オンガクお嬢Remix」でもお馴染のコーナーを ヒグチアイ そしてお客様を交えて展開。お嬢(中尾アナ)の独自の感性とハツラツとしたキャラクターも会場を沸かせ、笑顔が溢れる時間となりました。 
コロナ禍で公開収録やイベントが減っていた昨今、こうして本来のあるべきライブイベントが開催できたことがなによりも嬉しいイベントとなりました。

※本公演は新型コロナウイルス感染対策を徹底して開催致しました。 

(イベントレポート:エフエム山陰 高田リオン)

nakaotakada>

浜崎貴司GACHIスペシャル in 国宝松江城 浜崎貴司 vs.奥田民生 vs. スガ シカオ vs. 藤巻亮太 vs. 矢井田 瞳

サイト掲載用

  • 2022年3月26日(土)開演13:30
  • 出演:浜崎貴司、奥田民生、スガ シカオ、藤巻亮太、矢井田 瞳

『また延期になってしまうかも?』そんなことを会場近辺にいた人なら、きっと誰もが想像したのではないでしょうか?当初2021年10月に予定していたこのスペシャルライブは2022年3月26日への延期となり、誰もが開催を楽しみに待ち望んでいました。ところが、、、当日はまさに春の嵐。警報級の強風が吹き、お客様の安全を第一に考えた結果、急遽会場を島根県民会館・大ホールへ変更することとなりました。会場そして開演時間の変更により、ご来場いただいたお客様には大変なご迷惑をお掛け致しました。心よりお詫び申し上げます。

私・高田リオンはTSKさんいん中央テレビの山下桃さんと共にステージMCとして参加。舞台袖で、そのすべてを見ていました。「急遽こういう状況になったけど、来てくれた人のために絶対に良いステージにしよう!」今まさにステージへ向かうアーティストの皆さんからそんな声が聞こえ、これは絶対に良いLIVEになると確信しました。

出演者である浜崎貴司さん、奥田民生さん、スガシカオさん、藤巻亮太さん、矢井田 瞳さん、それぞれが往年の名曲を弾き語りで披露。個人的に印象的だったのは、今回喉の療養のため出演を辞退された吉井和哉さんへの想いを乗せ「THE YELLOW MONKEY」の名曲「LOVE LOVE SHOW」を浜崎貴司さん、奥田民生さん、藤巻亮太さんのコラボでお届けしたサプライズ演奏でした。会場のお客様も声は出せないものの、マスク越しでも、とても驚いているのがハッキリと分かりました。「ここでしか見ることができないコラボ」が多く披露されました。島根県に触れるコーナーでは鷹の爪団の吉田君が登場し、その声を奥田民生さんが演じるという奇跡のコラボが会場を沸かせました。

アンコールに突入し、イベントの最後は「GACHI」の発起人である浜崎貴司さんが、魂をこめたソロ弾き語りを披露。春の嵐の中ライブを開催できた喜びとお客様への感謝の言葉を述べ、スタンディングオベーション、割れんばかりの拍手の中で幕を閉じました。なにもかもが奇跡的、まさに『ガチ』な一日。きっとあの場にいたすべての人の記憶に、鮮やかに残り続けるでしょう。

(イベントレポート:エフエム山陰 高田リオン)

松江城イベントレポート画像クレジット挿入済

220326_

gachi 

エフエム山陰・BSSラジオ共同制作 防災特別番組「命と暮らしを守るパートナー~いざというときのラジオ~地震への備え 編」

ラジオはいつでも、どこでも、あなたの暮らしに寄り添います。
エフエム山陰 と BSSラジオ、山陰に位置する2社のラジオ局が共同制作する特別番組の第9弾。

  • 2022年3月13日(日)8時30分~8時55分
  • パーソナリティー 桑本みつよし(山陰放送アナウンサー)、大坂愛(エフエム山陰アナウンサー)

2203013_防災特番

ラジオはいつでも、どこでも、あなたの暮らしに寄り添います。
エフエム山陰 と BSSラジオ、2つのラジオ局共同でお届けする防災啓発番組も今回が9回目。 今年3/11をもって、東日本大震災の発生から11年。貴重な教訓を風化させないため、「地震への備え」をテーマに取材しました。

最初の取材は、「防災士」の役割や認定制度について。
阪神淡路大震災の発生時、救助を要する事態が同時多発し、消防やレスキューの手が回らなかった反省から、社会全体で防災力を高めるため創設・誕生したのが「防災士」の認定制度でした。
災害発生のしくみや、防災対策、消防署や日本赤十字による救急救命などを学び資格取得した人は鳥取県内1,300名、島根県内1,100名以上登録されています。 
そのお一人、日本(にほん)防災士会(ぼうさいしかい)・鳥取県支部理事で 八橋郵便局長の米田 隆さんから、「防災」は、できるだけ多くの人と意見を交わし、訓練の反省点を改善してゆく中で、顔の見える関係を築いていくことが何より大切であると提言を頂きました。

昨年末、第3回「全国子ども防災作文コンクール」にて、山陰で唯一、「優秀賞」を受賞した、  浜田市立第四中学校2年生の杉原 健斗さんは、現在想定されている「南海トラフ地震」に備えてハザードマップの確認作業、防災かばんの準備点検を呼び掛けています。
今後は地震発生のメカニズムを調べ、知識を深めたいという積極的なメッセージを頂きました。

また東北(三陸海岸など)には、「津波てんでんこ」という避難に関する伝承・教訓があります。「てんでん、バラバラになっても迷わず高台へ逃げろ…」。小さな頃から、繰り返し教わってきた「命を守る合言葉」です。
そのメッセージを後世へ残すためシンガーソングライター大沢桃子さんは、防災伝承歌「命の道」を書きあげ,今や、日本語・英語・合唱曲Versionなどが完成しました。
自分の命は、自ら守る…そして、大切な人の命も守ることにつながっていくことを願っています。

エフエム山陰・BSSラジオ共同制作 防災特別番組「命と暮らしを守るパートナー~いざというときのラジオ~雪害と火災予防 編」

ラジオはいつでも、どこでも、あなたの暮らしに寄り添います。
エフエム山陰 と BSSラジオ、山陰に位置する2社のラジオ局が共同制作する特別番組の第8弾。

  • 2021年12月12日(日)8時30分~8時55分
  • パーソナリティー 桑本みつよし(山陰放送アナウンサー)、大坂愛(エフエム山陰アナウンサー)

2局防災 収録風景

この冬(12月~2月)は 例年より 冬型の気圧配置が強まる日が多い予想です。
さて2021年11月から気象庁ホームページでは「降雪短時間予報」➡「今後の雪」という新方式がスタート。従来は、今後降る雪の予測量は、「24時間」でしたが、きめ細かく「6時間」でデータが出ます。
降雪データは、分布地域など精度が向上していますが、雪の量に関して少なめに出る傾向があるため、注意報・警報など段階を追って出る情報と合わせて活用して下さい。
また雪道での運転は、慎重な判断が求められるため「時間」と「ココロ」に余裕が必要です。そして励行してもらいたいポイントが3つあります。

①   「かもしれない運転」 路面が凍っているかも…タイヤが滑るかも…停まらないかも…を想定
②   路面が濡れているように見えても凍結している「ブラックアイスバーン」に警戒を
③   大雪で足止め中、マフラーが雪に埋もれると一酸化炭素中毒に要警戒、マフラー周りを除雪!

一方で、空気が乾燥して火災の危険性が高まる冬は、とにかく火災予防こそが重要です。
家庭に設置の「火災報知器」は、10年が交換の目安です。正常な作動のためにも点検しましょう。また台所などで火災が発生した場合、自分で消火可能なのは天井に達するまでの間です。消火作業に当たっては、真っ白に視界が遮られる可能性があるため、避難する「逃げ口」を背にするようにして下さいね。(逃げ口をすぐ認識できます)

あわせて、万一の地震発生の際に、家電が消えていても 再通電の時に火災の危険がありますので、インテリアもカーペットやカーテンも、防火性能の高い材質を選びたいものです。

大雪時、火災いずれも、いざという時に備える心構えを、学んだ取材となりました。

 

隠岐で くらそう!2021秋~文化・暮らし編~

隠岐の島町からの生放送!島の文化をご紹介、魅力盛りだくさん♪

  • 2021年11月3日(日) 12:00~12:55
  • パーソナリティー おがっち

隠岐の島町の玄関口 西郷港に近い「隠岐ポートプラザ」の特設スタジオから生放送。仕事を持ちながらライフワークとして隠岐の伝統文化に深くかかわる地元の出演者が、入れ代わり立ち代わり多様な魅力を発信しました。

★隠岐のアマチュアバンド事情を語った町役場のスタッフ、野津千晶さん、村上菜月さん
★隠岐しげさ節を生演奏した「民謡あこな会」の松森雪恵さん、吉田美悠さん、金坂明日香さん
★「使えるかもしれない?隠岐弁講座」で盛り上げた「ヨッシー&まいける」さん
★隠岐古典相撲の背景、クラウドファンディングを紹介した役場の藤田留美さん
★新名所・隠岐ジオゲートウェイを隠岐ユネスコジオ世界ジオパーク推進協議会の丸田洋樹さん
★隠岐汽船株式会社 室山 高弘観光課長は「隠岐とく乗船券」などお得な船旅行の情報を。

「隠岐でくらそう」のタイトルの下で、盛り沢山な55分でした。スタッフとしてかかわって下さった隠岐の皆さんに、この場をお借りして、感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。
なお生放送の会場になった、「隠岐ポートプラザ」は今後、地元の人たちの文化活動や、語らいの場として活用していこうという構想があるそうで、今後も楽しみですね。エフエム山陰も全力応援していきます!

01 - コピー 02 - コピー

出雲神門通りからの生放送「IZUMO TABI」

いくつもの伝承や神話に彩られた出雲から、竹内まりやの名曲でつづる生放送「IZUMO TABI」

日程:2021年11月3日(水祝)午後1時30分 午後3時55分
会場:出雲大社神門通り「福乃和 」特設スタジオ
出演ゲスト:出雲観光協会 事務局長・稲根克也さん、飯塚俊之 出雲市長(コメント出演)、公益財団法人いづも財団 事務局長・山崎裕二さん、福乃和 代表取締役・和田信三さん、出雲ぜんさい学会 会長・渡部 稔さん (出演順)
パーソナリティー:ACHI

出雲市大社町出身の竹内まりやの1985年に発売された「PLASTIC LOVE」・アルバム[VARIETY」「REQUEST」が、それぞれアナログ盤として11月3日「レコードの日」にリリースされるのに合わせ、彼女の楽曲を紹介しながら、神在月を迎える出雲の観光やグルメ情報などを紹介する特別番組を放送しました。
いつものスタジオを飛び出し、「福乃和」特設スタジオから生放送!日差しや風を感じながら、ゲストのみなさんから出雲大社界隈の歴史、由緒ある食べ物の話など、出雲路観光に役立つ話を伺いました。竹内まりやご本人からエフエム山陰リスナーへのスペシャルメッセージも届き、楽曲もたっぷりお届けした2時間半でした。

1 2

3 4 

エフエム山陰・BSSラジオ共同制作 防災特別番組「命と暮らしを守るパートナー~いざというときのラジオ~水害と防災教育編」

ラジオはいつでも、どこでも、あなたの暮らしに寄り添います。
エフエム山陰 と BSSラジオ、山陰に位置する2社のラジオ局が共同制作する特別番組の第7弾。

  • 2021年9月26日(日)8時30分~8時55分
  • パーソナリティー 桑本みつよし(山陰放送アナウンサー)、大坂愛(エフエム山陰アナウンサー)

82D7D723-DE22-4DA1-B655-4A53ADD36AAC

番組前半は、被害が大きかった地域から、島根県内の隠岐エリア(島後・島前)、江の川流域の防災担当者にお話を伺いました。隠岐エリアでは、8月9日に台風9号から変わった低気圧の影響で、豪雨をもたらす「線状降水帯」による非常に激しい雨が同じ場所で降り続き、道路の冠水が多発。また中国地方最大の流域面積3,900㎢を誇る江の川でも、美郷・川本・江津が水害に見舞われました。しかも2018年7月の西日本豪雨、2020年7月の氾濫に続き、この今年お盆の水害により約3年間で3回目もの甚大な水害が重なりました。今回は、隠岐の島町、海士町、江津市の各防災担当者に当時の様子、被害・復興状況、避難情報を出す際の判断、心配りなど現場の生の声を伺いました。

◆隠岐の島町役場総務課危機管理室主事 金井将大さん「災害はいつ起こるかわかりませんので、常に起こりうる災害に備えて生活しましょう。災害発生前には迅速且つ正しい情報収集を行い、適切な避難行動を実施しましょう。」
◆海士町役場総務課防災係 山斗隼人さん「まだまだ、これから台風のシーズンに入ります。大雨浸水被害・土砂災害への警戒が必要です。避難指示を早急に出せるようにしていきますので、住民のみなさんもハザードマップなどを確認してください。」
◆江津市役所総務課 田中悌弘さん「台風シーズンはまだ続きますし、地震や大規模な火災などいつ起こってもおかしくありません。防災マップでお住まいの地域の災害リスクや避難所を確認し、市から避難情報が発令されたら早めの非難を心がけてください」

一方で、地域の将来を担う子どもたちへの防災教育についても取材。鳥取市立浜村小学校での取り組みを伺いました。

今回の番組から深めた教訓ですが、各地の地理的特性や気象条件は異なるなかで、前回は、こうだっから、たぶん今回も…という発想をするのは危険。観測史上…を軽々と上回ってしまう近年の状況は、どこでも起こり得ます。避難情報に際して、私たち住民は、けっして安易に受け流してはいけないのです。また夜間時に避難行動を余儀なくされた場合には、家にとどまり、明るくなるのを待つという判断もあります。これから台風シーズンになりますが、地域の行政・防災組織の方々と日頃から良好な関係を築いて、いざという時に備えてください。

 

楽園音楽祭2021 40th Anniv.スターダスト☆レビュー Singles/62

開催日 2021年9月5日(日)開演14:00
会場 とっとり花回廊・野外ステージ広場

昨年 新型コロナウイルス感染拡大のため中止となった「楽園音楽祭」。
2年ぶり4度目となる とっとり花回廊 でのライブが行われました。

今年は、スターダスト☆レビュー40周年の記念ライブとして、過去のシングル62曲の中から、アンコールを含む23曲が演奏されました。会場からは大山がきれいに見え、最高の天気に恵まれました。観客のみなさんは思い思いに ディスタンスをとりながら、約3時間のライブを心から楽しむことができました。

S__671807

S__671808

S__671806

S__671804

真夏の「ヒゲダンレディオ」8・18スペシャル1Day ~HIGEDARAKE~

210818higedarake672672

◇日時:2021年8月18日(水)9:00~21:00 12時間にわたる生放送!
◇パーソナリティー:大坂愛、ACHI、高田リオン、ゆーき
◇出演 Official髭男dism (Ba/Sax楢崎誠、Gt小笹大輔、Vo/Pf藤原聡、Drs松浦匡希)

 

Official髭男dismのニューアルバム「Editorial」リリースとなるスペシャルデーにおくる特別企画、12時間にわたる生放送「真夏の「ヒゲダンレディオ」8・18スペシャル1Day ~HIGEDARAKE~」
http://www.fm-sanin.co.jp/higedarake/

Official髭男dismが 2021年8月18日に約1年10か月ぶりとなるニューアルバム「Editorial」をリリース。このスペシャルディーに「ヒゲダン」メンバーがエフエム山陰の番組に帰ってきました!

藤原聡さん(ボーカル・ピアノ) · 小笹大輔さん(ギター・コーラス) · 楢﨑誠さん(ベース・サックス・コーラス) · 松浦匡希さん(ドラムス・コーラス)、Official髭男dismのメンバー総出演によるスペシャルロングインタビューでは地元ならではのレアな秘蔵エピソードが語られました。島根県 丸山達也知事、鳥取県 平井伸治知事からのメッセージも寄せられました。番組開始とともには印刷が追いつかないほどメールが寄せられ、メンバートークのコーナーやグランドカウントダウンなどTwitterの反響もすさまじく改めてヒゲダン人気を体感しました。Twitterでの番組ハッシュタグ #ヒゲダラケ は、番組終盤で自然発生的にオンエア曲に合わせた合唱が起き 盛り上がる一日の締めくくりとなりました。12時間にわたるエフエム山陰の「ヒゲダン」祭り。「真夏のヒゲダンレディオ」に参加して頂いた全国のリスナーの皆様、スポンサーの皆様、そしてOffical髭男dismメンバー、スタッフ関係者の皆様に心から感謝申し上げます。本当に有難うございました!

3  4
番組のラストを締め括ったパーソナリティゆーき 全国から沢山のメッセージ・リクエスト有難うございました!

 

 

真夏の「ヒゲダンレディオ」 8・18スペシャル1Day ~HIGE DARAKE~ オンエア楽曲リスト

1

2

 

真夏の「ヒゲダンレディオ」 8・18スペシャル1Day ~HIGE DARAKE~ リクエストカウントダウンランキング

3

 

「真夏のヒゲダンレディオ」メンバートーク部分を下記の放送局でも特別番組として放送です。

  • 広島エフエム 8月22日(日)19:00~19:55
  • 岡山エフエム 8月22日(日)19:00~19:55
  • エフエム山口 8月28日(土)12:00~12:55

エフエム山陰・BSSラジオ共同制作 防災特別番組「命と暮らしを守るパートナー~いざというときのラジオ~風水害編」

ラジオはいつでも、どこでも、あなたの暮らしに寄り添います。
エフエム山陰 と BSSラジオ、山陰に位置する2社のラジオ局が共同制作する特別番組の第6弾。

  • 2021年6月20日(日)8時30分~8時55分
  • パーソナリティー 桑本みつよし(山陰放送アナウンサー)、角秀一(エフエム山陰アナウンサー)

 2106bousai

梅雨の時期、台風の季節を迎えるこれからに向けて、雨や台風のときどう対処すればいいのか。気象台などの専門家にお話を伺いました。

気象庁は2021年6月17日(木)から、豪雨をもたらす「線状降水帯」の発生を伝える情報の発表を始めました。

「線状降水帯」とは、積乱雲がまとまって停滞したり、同じ場所を通過したりすることで、線状になった雨域のことです。同じ場所で非常に激しい雨が降り続き大雨となるため、災害が発生する可能性が高くなります。近年は毎年のように線状降水帯による災害が発生しています。
「顕著な大雨に関する情報」というタイトルで気象庁ホームページの雨雲をとらえている気象レーダーの画像に線状降水帯の雨域を楕円で表示する予定です。「顕著な大雨に関する情報」が発表された場合は、気象庁が発表する防災情報や「キキクル(危険度分布)」及び市町村の発表する避難情報等を確認して、速やかに適切な避難行動をお願いします。

また、避難による呼びかけが変更になりました。避難に関する情報は、市町村から発令されます。2021年5月20日付で災害対策基本法の一部を改正する法律が施行されました。避難の呼びかけに関する改正としては、「避難勧告」と「避難指示(緊急)」は、「避難指示」に一本化されました。これは、本来非難すべき避難勧告のタイミングで避難せず、逃げ遅れにより被災する方が多数発生していることや 避難勧告と支持の違いも十分に理解されていないことによるものです。警戒レベル3の「避難準備・高齢者等避難」が発令されているかどうかは必ず確認し、適切な避難行動をお願いします。

SPRING PROGRAM『桜だより from 国宝松江城』

桜満開の国宝松江城と中継を結びながら、エフエム山陰とmable(山陰ケーブルテレビジョン)の共同制作で生放送をお届けしました。
エフエム山陰のスタジオからは、リスナーからの花見や桜にまつわるエピソードを桜ソングリクエストとともに紹介。
松江城山公園との中継レポートでは、桜の様子や桜を楽しむ人のインタビューなども伝えました。

  • 放送日時:2021年4月3日(土)11:30-12:30

a b

エフエム山陰新局舎移転1周年 Official髭男dismスペシャル 今聴きたいライブ曲セレクト5 -Universeも語っちゃいます!-

この春、エフエム山陰が贈る「Official髭男dism」スペシャルプログラム。
コロナ禍でライブもできない今だからこそ聞きたい「ヒゲダン」のライブ音源をリスナー投票で決定!上位5曲をオンエアしました。
Official髭男dismのメンバー  ベース/サックスの楢﨑誠さんと、ドラムの松浦匡希さんからコメントも届き、新曲「Universe」への熱い想いや、コロナ禍での過ごし方、地元山陰に帰ったらやりたいこと等を語っていただきました。

メンバーのコメントは、1週間限定で AuDee(オーディー)の「ふるさとステーション エフエム山陰」でも公開しました。

 

◇日時:2021年3月20日(土祝)11時30分~12時30分
◇出演:高田リオン

今聴きたいライブ曲セレクト5
↓↓↓番組でのランキング結果です↓↓↓

1位 Stand By You
2位 異端なスター
3位 ブラザーズ
4位 LADY
5位 Pretender

Honda Cars 島根中央 presents V-airあまばん 第15回グランプリ大会

2020年3月 山陰のアマチュアミュージシャンを応援する「V-air あまばん」。
第14回のグランプリ大会は、無観客ライブを行い生配信を行いましたが、第15回は初のYouTube開催を実施。
予選通過バンドの演奏をライブハウスで収録し公開。一般リスナーからの投票を受け付けました。予選を通過した 7バンドの演奏動画は、2週間でトータル 10,000回以上再生されました。

amaban15

http://www.fm-sanin.co.jp/15amaban/

エフエム山陰・BSSラジオ共同制作 防災特別番組「命と暮らしを守るパートナー~いざというときのラジオ~あれから10年編」

ラジオはいつでも、どこでも、あなたの暮らしに寄り添います。
エフエム山陰 と BSSラジオ、山陰に位置する2社のラジオ局が共同制作、同時放送する特別番組の第5弾。

  • 2021年3月7日(日)9時30分~9時55分
  • パーソナリティー 桑本みつよし(山陰放送アナウンサー)、角秀一(エフエム山陰アナウンサー)

 

2011年3月11日の「東日本大震災」からまもなく10年。東日本大震災で被災された方の経験談をお届けしました。

岩手県大槌町職員 四戸直樹さん。
四戸さんは地震の後の津波に襲われ、流れ着いたポンプ場のバルコニーで一人一夜を過ごし、翌朝救助されました。現在は、災害公営住宅の維持・管理を担当しています。震災時の様子、被災地の現状とともに、地震への「備え」や「心構え」について伺いました。

島根県立吉賀高校2年生 藤田晶斗さん。
埼玉県の中学校を卒業後「しまね留学」で吉賀高校に入学。防災士の資格を持ち、学校の授業で「防災講座」を開いたり、地域のイベントで「防災クイズ」を行って情報発信しています。藤田さんの思いに触れながら、「災害への備え」について紹介しました。

松江市 国際文化観光都市70周年記念『小泉八雲 声と音に耳をすます』

松江市が国際文化観光都市となって70年。これに大きく影響を与えたのが、松江の美しい景観や歴史・文化を世界に広めた文学者ラフカディオハーン/小泉八雲。八雲のひ孫で民俗学者の小泉凡氏を招き、生い立ちから来日、また八雲が日本の怪談、神道、出雲神話へ関心をもつようになる様子を聞いた。弱視だった故に五感を研ぎ澄まし日本の風景を表現した八雲。番組を通じて八雲が感じたことは次世代に残す大切なものは何かを考えさせられる。

  • 2021年3月1日(月)13:30~13:55

210301_八雲_480300

http://www.fm-sanin.co.jp/yakumo210301/

 

エフエム山陰新局舎移転1周年オールリクエストタイム感謝祭 in KUNIBIKI MESSE

2021年2月11日(木祝)新局舎移転1周年特別番組を生放送。
新生エフエム山陰のキャッチフレーズ 「オープン・ラジオ・ステーション」。リスナー参加のオールリクエストでの145分をお届けしました。
山陰リスナーはもちろん全国からもたくさんのリクエストが届き、エフエム山陰の新しい聴かれ方を実感することができました。
シンガーソングライターでもある、パーソナリティー高田リオンのスタジオ生ライブ、大坂愛プロデュースによる地元珈琲店とのコラボでご用意したエフエム山陰オリジナルクッキーのプレゼントなど、リスナーと2wayでの楽しい時間となりました。

===========================

エフエム山陰新局舎移転1周年オールリクエストタイム感謝祭 in KUNIBIKI MESSE

日時:2021年2月11日(木・休)13:30-15:55
出演:大坂愛・高田リオン

https://secure.fm-sanin.co.jp/ssl/kansyasai1/

東京スカパラダイスオーケストラ『新春パラダイスRADIO in 松江』

210111_fs_新春ska480300

エフエム山陰のテーマソング『Come On!』を担当する東京スカパラダイスオーケストラが山陰リスナーにおくる新春スペシャルプログラム。
2020年11月14日に開催された野外ライブ 国宝松江城5周年記念『東京スカパラダイスオーケストラin松江城』の思い出をスカパラのメンバーが振り返り、更に2021年の抱負もお届けします。
そして「お城マニア」として知られるbass担当の川上つよしさんが国宝松江城について熱く語る!?ここでしか聞けないお話が盛りだくさんの55分です!
===========================

エフエム山陰新局舎移転1周年オールリクエストタイム感謝祭 in KUNIBIKI MESSE

1月11日(月)15時00分~15時55分
出演 東京スカパラダイスオーケストラ
進行 高田リオン
松江市提供

エフエム山陰・BSSラジオ共同制作 防災特別番組「命と暮らしを守るパートナー~いざというときのラジオ~雪害編」

ラジオはいつでも、どこでも、あなたの暮らしに寄り添います。
エフエム山陰 と BSSラジオ、山陰に位置する2社のラジオ局が共同制作、同時放送する特別番組の第4弾。

  • 2021年1月10日(日)9時30分~9時55分
  • パーソナリティー 桑本みつよし(山陰放送アナウンサー)、角秀一(エフエム山陰アナウンサー)

 97aaa21795a5f7f800dd8e5471e79161

2011年1月の大雪から10年。雪害の最近の傾向、雪に対する備え など、大雪の被害から命と暮らしを守るための情報をお伝えしました。

  • 松江地方気象台 山口雄一さんにお話を伺いました。

    今冬の予想は、平年に比べ雪または雨の日が多い見込みです。これまでも大雪による被害が発生していますので、注意が必要です。
    大雪や暴風雪などが予想される場合の注意点
    ・不要不急の外出は避けること。
    ・できる限り車両の運転は避けることがあげられます。車両の運転をする場合は、事前の気象情報や道路情報等の確認及びスタッドレスタイヤの装着はもちろん、チェーンを装着または携帯してください。

    2019年11月からは、気象庁ホームページで、アメダスの積雪計による観測値に加え、現在の積雪の深さと降雪量の分布の提供を開始しました。これにより、雪の観測が行われていない地域を含めて積雪・降雪の分布を把握できるようになりましたので、外出予定の変更や迂回経路の選択等に利用していただければと思います。
    また、雪下ろし等除雪作業中の事故防止としては作業時の家族・近所への声掛けや複数人での作業を行ってください。
    命を守るためには、どのような行動をとる必要があるのかをしっかり認識しておくことが大切となります。
    最新の警報などの防災気象情報をこまめに確認していただき、安全な行動を心がけてください。

  • 国土交通省松江国道事務所 木田真由美さん、国土交通省中国地方整備局鳥取河川国道事務所 山田晋吾さんに近年の雪害状況と注意点を伺いました。

【近年の雪害状況】
ここ2シーズン連続で大雪による深刻な交通障害はありませんでした。しかし、平成30年2月上旬の大雪においては、松江市の積雪量は最大49㎝、飯南町の積雪量は最大105㎝を記録、出雲市街地においても2時間弱で40㎝程度の降雪があったとされ、国道9号では出雲市内などで大規模な渋滞が生じ、国道54号雲南市内では立ち往生する車両が多く発生しました。鳥取県側でも、平成29年1月豪雪では、鳥取自動車道で上り線50台・下り30台の立ち往生が発生、国道53号では、上り線15台の立ち往生が発生。鳥取自動車道が通行止めにより、渋滞が発生。200台を超える滞留車両が発生しました。

【雪道走行における注意点】
まずは、冬用タイヤの装着。ノーマルタイヤであれば積雪がある状況では走行しないことが大切です。山間部は積雪量も多く、路面の凍結も予想され、冬用タイヤでも走行出来ない可能性がありますので、チェーンの携行を。
国道54号の広島県境赤名峠付近は、大雪時にはチェーン規制が実施され、チェーン未装着車は通行できなくなります。
準備不足が、重大な事故・大渋滞につながる恐れがありますので、タイヤチェーン、スコップ、手袋、懐中電灯、ブースターケーブル、牽引ロープなど備えていただき雪道の備えは万全に!

大雪時は不要不急の外出は控えてください。やむを得ず車を運転される場合は国土交通省のホームページで最新の道路情報を確認し、冬用タイヤの装着、タイヤチェーンの携行をお願いします。

1 / 3123