番組審議会

平成30年5月度 第311回 放送番組審議会報告

エフエム山陰では放送をお聴きの皆様により良い番組をお届けすることを目的に『放送番組審議会』を設置し定期的に会合を開いております。当審議会では毎月一つの番組を指定し、番組の向上を目的にした意見交換を行っています。

『第311回 放送番組審議会』は平成30年5月8日(火曜日)、松江市殿町の『エフエム山陰本社』で開催されました。出席者は、田中委員長 はじめ5名でした。今回は、4月13日(金曜日)午後3時00分から4時25分まで放送した『ちぇけら♪FRIDAY♪』の番組合評でした。

審議委員の方々の、主な意見は次の通りです。

  • パーソナリティ二人の喋り方や声は聴き易く、安心して聴けた。
  • 地震について触れていたが、災害時や緊急時に信頼できるツールとしてのラジオの存在価値を改めて認識した。
  • 番組のターゲットが誰か分からない。
  • リスナーからのメッセージをもっと広げて欲しい。テーマの選び方が大事になってくる。
  • 二人の番組内での役割分担がはっきりしていない。探りながらやっている感じがした。
  • 野口怜音さんは適応力が高く、非常に感性が鋭い人だと思った。

などでした。

エフエム山陰ではご意見を参考に、より一層放送番組の向上に努めてまいります。