松江77.4MHz 浜田86.6MHz 邑智80.7MHz 大田82.1MHz 石見大和86.9MHz 隠岐82.7MHz 鳥取78.8MHz 羽須美87.3MHz 用瀬77.2MHz 智頭83.4MHz

おがっちのレトロ本舗 永遠のミーハー人間おがっちとシンガーソング100円ライター安来のおじが送る生放送

リクエスト&メッセージはこちらから おがっち 安来のおじ おがっちのレトロ本舗 永遠のミーハー人間おがっちとシンガーソング100円ライター安来のおじが送る生放送

前の記事>>

涙にまつわる話♪

2018.06.15 Friday

投稿者:おがっち

947回目の生放送におつきあいいただき、ありがとうございました。
安来のおじが、猫ライブのためお休みでしたので、浜田真理子さん&おがっちでお送りした生放送、いかがでしたか?

先日、真理子さんと一緒に、7月から、JR山陰線鳥取〜出雲間で運行スタートする観光列車「あめつち」の見学会にいってきました。
「あめつち」は、古事記の「天地(あめつち)の初発(はじめ)のとき」という書き出しに由来しているそうです。錦織良成監督の総合ディレクションで、2両編成で、随所に、石州瓦や因習和紙、隠岐の黒松など、山陰両県の伝統工芸品が取り入れられていて、島根県車両、鳥取県車両と、色も雰囲気も変えてあるんですねー。とても落ち着いた雰囲気で、ゆったりと山陰の海や山の風景を楽しめる列車です。
7月1日から毎週土日月に運航されます。
鳥取を午前9時に出発、出雲市駅に12:47着。そして、出雲市を13:41発、鳥取に17:36着。鳥取出雲間の運賃は、4540円。途中駅からの乗り降りもできます。

このテーマソングを書かれた真理子さんは、最初、落ち着いた車内のイメージで、落ち着いた曲・・・とのことでしたが、山陰線を走るとうきうきするし、楽しい旅になるように・・・とこの「あめつち」のテーマソングを作ったんだそうです。泣きの真理子さんの歌が多いですが、こういううきうきソングもいい感じです。
この曲を聴きながら、みんなで「あめつち」に乗って楽しい旅ができるといいですね。
予約は、一か月前からできますが、初日分は、発売2分で完売したそうですからお早めに予約されるのがいいようです。

そして、今回は、真理子さんのニューアルバム「NEXT TEARDROP」にちなんで、「涙にまつわる話」がテーマでした。たくさん涙な話をありがとう!!

・つい最近、テレビを見てものすごい感動を覚え涙・涙・涙でそばの娘にテイッシュくれていったら何のつぼで涙なの?
お前らには、この感動がわからんか・・・・
と言ったんですが、今日になって何で泣いたか思い出せず、悔し涙です。
だめだな、年取るとすぐに忘れる。

・一日一善ならぬ、一日一涙かも!毎日一回は感涙に咽んでいるような気がします。インタビューだったりドラマだったり、感動することがけっこうあるんですな。うちのトイレの日めくりに「泪で洗われた瞳は清らかで美しい」というのがあって、よってワシの瞳はキラリン。

・おじさんになったので...やたら泣きます...
朝ドラで泣きます...子犬がじゃれると泣きます...そほどです...

・幼い頃から20代後半くらいまでは人前で泣くのは恥ずかしいことだと思っていました。でも主人に出会った頃、初めて気持ちに素直になれて涙を流したことがありました。
理由は忘れましたが・・・その時から人前で泣いてもいいんだと思えるようになりました。

・先日、これは涙の出ないいい玉ねぎらしいよ、とダンナが玉ねぎを買ってきてくれました。
確かに切っても涙が出ません。
なぜかなぁ?

・今月20歳になった息子は、同居してたお姑さんに育ててもらいました。三輪車を持って近くの公園まで行ってくれたり、キャッチボールの相手をしてくれたりと本当に精一杯の愛情で接してくれていました。
でも、小学校に上がるとお友達との時間のほうが楽しくなり、おばあちゃんから卒業してしまいました。
その後体調を崩してしまったお姑さんは息子が高校2年生の時亡くなっていまいました。
お葬式の日、火葬場で息子の姿が見えなくなり探していると、駐車場のずっと奥で背中を向けて突っ立っています。声をかけようと近づくと肩が小刻みに揺れて声を殺して泣いていました。
その後、何ごともなかったように待合室にもどってきました。いまは息子も社会人になり家を離れてしまいましたが、お姑さんのおかげで、やさしい大人になってくれました。

・真理子さんの歌声を聴きながら涙を流した後は、さっぱりした気持ちになります。
浄化されて再生するみたいです。
それは、仲の良い友人たちと涙を流すほど大笑いをした後と、ちょっぴり似ています。

などなど、たくさんありがとう。
本当に、皆さんのメッセージのとおり、年とともに、どんどん涙腺が弱くなっていますが、それもいいことですね。何をみても泣けるようになりました。
番組中にも、真理子さんと泣いたり笑ったり泣き笑いしたり、忙しかったです。
そう、大人になっても男子でも女子でも泣いていいんだよね。泣きたい時は、というか、いろいろ吐き出して浄化するためにも、涙ってひとつのツールだったりします。
映画やドラマで私もわんわん泣いてます。そして、真理子さんのライブで、泣いてもいいし、アルバム聴いて、泣くのもいいですよね。
みんな〜泣いて浄化しましょう。
そんな浜田真理子さんは、ニューアルバム「NEXT TEARDROP」のレコ発ライブが、6月19日が渋谷クアトロ、22日が神戸、23日が大阪とありますので、お近くの方は、お近くでない方もぜひ。泣いていいですよ。
詳細は、浜田真理子さんの公式サイトで確認してくださいね。

来週は、安来のおじも帰ってきますので、いつもどおりお送りします。
テーマは「乗り物あれこれ」〜「あめつち」の話も出ましたので、乗り物にまつわるあれこれ、メッセージ&レトロなリクエスト、待ってます。

それでは、また、ら〜い!!



http://www.fm-sanin.co.jp/retoro/index.php?e=1458
レトロ日記 07:10 PM comments (x) trackback (x)

6/15(金)オンエアリスト

2018.06.15 Friday

投稿者:スタッフ

≪17時台≫
*中森明菜/飾りじゃないのよ涙は
*長渕剛/涙のセレナーデ
*浜田真理子/あめつちのテーマ
*森田童子/男のくせに泣いてくれた
*グレープ/縁切寺
*エリック・クラプトン/ティアーズ・イン・ヘブン


≪18時台≫
*鈴木雅之with松下奈緒/涙くんさよなら
*中島みゆき/涙〜Made in tears
*浜田真理子/夢の中で泣いた
*浜田真理子/まちあわせ
*三好鉄生/涙をふいて

http://www.fm-sanin.co.jp/retoro/index.php?e=1457
レトロ日記 06:19 PM comments (x) trackback (x)

「おがっちの島根学講座!みたいな!」6月8日

2018.06.13 Wednesday

投稿者:おがっち

地域が誇る、知る人ぞ知る、島根県内各地の魅力をご紹介しておりますしまね学講座、今回は「神話」にまつわるお話です。

担当は、特定非営利活動法人 出雲神話語り部の会の高倉正明さん。

・出雲神話語り部の会結成のきっかけについて。

語り部の会は、島根の宝である「出雲神話」を「語り」「繋ぎ」「保存する」「普及する」ことを目的に観光ガイドなどを行っておりますが、
活動のきっかけは、島根県観光連盟さんが平成17年から2年間実施された、「出雲神話ガイド養成講座」でした。
この講座は、古事記編纂1300年や出雲大社の平成の大遷宮を控えて、神々の国島根に訪れる観光客をおもてなしの心でご案内しようという趣旨のものだったのですが、
このときに講座を受講し、試験に合格した12名で、「出雲神話ガイド倶楽部」を結成したんです。
その後、人も増え、名称も「出雲神話語り部の会」に変え、NPO法人にもなって、活動を続けています。

現在までにのべ1万5千回、35万人の方にガイドをしました。
地域経済への効果は、手前味噌ですが2億円以上と推定しています。

・ガイドの代表的なコースについて。

やはり代表的なコースは「国宝出雲大社」のコースですね。
なんといっても出雲大社は出雲神話を象徴する場所ですから、
ここでは見るもの全てについて出雲神話が語れます。
巨大神殿の話や、国造家と皇室の祖先が同じであるという話、神在祭の話など、観光客の興味をひく話も多いです。
ですが、当会のウリはそれだけではないんです。
当会の会員は出雲大社だけでなく、
荒神谷や、風土記の丘、たたら製鉄、松江城、島根半島宍道湖ジオパーク
などもガイドしておりまして、
神話のみならず、考古学や歴史文化、地質学なども網羅しながら、
古代出雲の全体像をガイドできる総合力があることが、本会の持ち味となっているわけです。

・印象的なエピソードについて。

毎回が「一期一会」「百人百色」で、私たちも「感動」を「共有」させてもらっているのですが、
松江の意東小学校の3年生に
「黄泉比良坂」を現地ガイドをしたときのことは、印象深いですね。
案内しているときは、こんな難しい話がどこまでわかるのだろうかと心配していましたが、
学校に帰ってから、感想文を書いてくれ、その上自分たちで紙芝居を作成して老人クラブとの交流で発表してくれました。
私はとても感動しまして、
出雲神話は、小学生でも十分理解して興味をもってくれますから、
小さい頃から学校や地域で伝えていくことが大切だと気づかされました。

また、ガイドをきっかけに交流が続くことがありまして、
県外で島根をPRされる島根遣島使のみなさんとは、4年前のガイド以来、交流が続いております。
出雲神話や出雲大社がなかったら、あり得ないことだと不思議な気持ちです。

・ガイドさんの人数及び年齢構成について。

男性17人、女性5人 の22人です。
平均年齢は 68歳4ヶ月で、文字通りのシルバー団体で、
感謝の気持ちで楽しくガイドをすることを生きがいに感じています。

出雲神話は日本で一番古い歴史の書物「古事記」に書かれており、その「古事記」の3分の1を占めていると言われています。

県外の観光客の方たちは関心が高いのですが、意外と、地元の人たちには知られていないように感じています。
ぜひ県内のみなさんにも出雲神話や古代出雲に興味をもっていただければと思います。

詳細は、「出雲神話語り部の会」のHPをご覧ください。

・今日の一曲
島根県民の唄「薄紫の山脈」

毎年、年末になると県民会館でベートーベンの第九交響曲(合唱付き)が開催されます。
私は16回参加し、一度は出演もしました。
魂が揺さぶられるような歓喜の歌第九が終演すると、ステージの合唱団、オーケストラと会場の皆さんとが一体になって、声高らかに島根県民歌を歌うんです。
島根県の豊かな自然の恵みに感謝し、島根で生きる歓びを県民と共有する感動的な、島根をより身近に感じる歌だと思います。


次回は6月22日の放送です。

http://www.fm-sanin.co.jp/retoro/index.php?e=1456
おがっちの島根歴史学講座!みたいな! 06:36 PM comments (x) trackback (x)

性格自己分析♪

2018.06.08 Friday

投稿者:おがっち

946回目の生放送におつきあいいただき、ありがとうございました。
梅雨入りしましたね。じめじめじとじとが続きます。
そして、気温も高いですよねー。
しっかり水分を補給しながら、体調を整えたいですよね。
そんなじめじめじとじとを忘れさせてくれる「ドラマ」〜「シグナル」〜ほんと、はらはらどきどきしますねー。これは、韓国ドラマが原作なのです。韓ドラの流れをそのままリメイクされていて、坂口健太郎くんもがんばってます。思わず、ラストが気になりすぎて、原作の方の最終回をみてしまいました(笑)私、オリジナルとリメイクを見比べるの、好きなんですわー^^
こうみえて、わりと分析するの好きで、とことん追求するの、好きなので、好きになった俳優がいると、全作品をしっかり観る派です=^^
で、人にどんどん語る〜^^おしゃべり好きですわ。そんなおがっちです^^

今日のテーマは「性格自己分析」たくさんのメッセージ、ありがとうございました。

・「心臓に毛が生えてる」と思われるぐらいタフ!と思ってたんですが、ある方から 本当はとてもデリケートなハートの持ち主で気遣いやさんだね と言われた時、突然涙が溢れました。なかなか認めようとしなかった奥底の自分に再会出来て 府に落ちたみたいで肩の力がぬけました。

・若い20代の頃はいろんなことに○○でなくてはいけないとか○○すべきと強く思っていました。50代に入った頃からいろんなことに「まっ!いっか!」「そぎゃんことあ〜わね」とか「どがでもえわぁ」的な感じが増えて人間が丸くなったような?許容範囲が拡がったような気がします。

・A型平和主義で心配性。 

・末っ子のB型のねずみ年なので、まさに、負けず嫌いの自己中ですかね。

・褒められると伸びますが、すぐに調子に乗ります。「あーオレ今、ちょっと調子に乗ってんなー」って自覚すると、今度は逆に叱って欲しくなります。上手に叱ってもらえると、「オレのバカバカ!舞い上がってないで冷静にー」となりますが、ちょっとでも厳しく叱られるとすぐにショボンとなってしまいます。我ながら面倒くさい性格です(笑)

・私は、自分を超マイナス思考で、落ち込みやすく、ネガティプだと思っているのですが、
旦那さまに言わせると、「おまえ、結構、楽観的だぞ」だそうで、
言われてみると、落ち込んでも数日で復活したり、結構、前向きなところもあるなぁと最近思っております。
自分のことって、意外にわからないものですよね。

などなど、たくさんありがとう。
自分で自覚してる部分とそうでない部分を周りの人に言われ気づき、心打たれる・・・若い頃は、細かいことを気にしてたのに、年と共に気にしなくなる・・・そこだけは、、、な部分だけが、トシとともに強調されていく・・・とかね、年齢によって、分析は変わってきますよねー。

そして、この週末、ぶらりツアーのライブでで山陰にいらっしゃる池田聡さんに電話をつないで、お話を聞きました。池田さんは「意外と激しい」という自己分析をされてました。
あのほわっとしたしゃべりからの〜意外と激しい面があるからこそ、あんな素敵な歌を歌い続けられるんじゃないかなーと、池田さん分析してみたおがっちです^^
このところ、6月は、池田さんと安来のおじ(ノグチアツシ)コラボの山陰ツアーが続いていましたが、今年は、安来のおじが、明日から猫北海道ツアーなので、池田聡さんおひとりの山陰ぶらりツアーです。
思い切り、池田さんの弾き語りうっとりライブをお楽しみください。「水の都に雨が降る」を歌おうかな・・・とおっしゃってましたので、これは、山陰ぶらりツアー、貴重ですよ〜ぜひぜひ!!

6月9日(土)「After Hours」(鳥取県鳥取市末広温泉町401 日乃丸温泉ビル2F)
【 開場 】18:00
【 開演 】19:30
【 料金 】前売り 4,000円 / 当日 4,500円(1Drink付き)
お問合せは、After Hoursまで(TEL:0857-29-4447)
6月10日(日)「Live & Bar Miz」(島根県松江市伊勢宮町501-35 城観光ビル2F)
【 開場 】18:30
【 開演 】19:00
【 料金 】4,000円(1D別500円)
お問合せは、Live & Bar Miz まで(TEL:0852-32-1551)
ライブについての詳細は、池田聡さんのHPでご確認くださいね。

さて、来週は、安来のおじが、猫の北海道ライブなので、一回お休みです。
おがっち一人バージョンではなく、助っ人・浜田真理子さんが登場してくれます。
ニューアルバム「Next Teardrop」が発売になりましたが、もう聴かれましたか?めちゃいいですよー。
そのへんのお話ももちろん、お聞きしますが、一緒に楽しくお送りしますねー。
なので、つどいのテーマは、「Next Teardrop」にちなんで「涙の話」・・・うれし涙、悲しい涙、悔し涙、いろんな涙のシーンがありますよね。あなたの涙にまつわるあれこれ、レトロなリクエストとともに待ってます。

それでは、安来のおじからひとこと。



東京、長野のライブから戻ってまいりまスた!わたしもチョロチョロ出演しましたけど、言葉の壁を越えてお客さんに受け入れていただきましたわ。優しい人は多いですねゃ〜〜。てなわけで、今日から北海道に行ってきます!9日間連続ライブですけど、体力がキープできるかいな…。ま、当たって砕けろですわ!番組お休みしますが、すんません。よろしく哀愁!

そほど。

シンガーソング100円ライター 安来のおじ
ねこ

http://www.fm-sanin.co.jp/retoro/index.php?e=1454
レトロ日記 07:27 PM comments (x) trackback (x)

6/8(金)オンエアリスト

2018.06.08 Friday

投稿者:スタッフ

≪17時台≫
*サザンオールスターズ/LOVE AFFAIR〜秘密のデート〜
*ダリル・ホール&ジョン・オーツ/キッス・オン・マイ・リスト
*徳永英明/僕のそばに(Self-Cover Ver.Remix)
*徳永英明/レイニーブルー
*天地真理/虹をわたって
*フォーリブス/踊り子
*池田聡/モノクローム・ヴィーナス(12inch)
*池田聡/マリッジ

≪18時台≫
*奥田民生/マシマロ
*立川澄登/薄紫の山脈〜島根県民の歌〜
*ノグチアツシ/6月2日
*プリンセス・プリンセス/世界でいちばん熱い夏
*アン・ルイス/あゝ無情
*ふきのとう/雨降り道玄坂

http://www.fm-sanin.co.jp/retoro/index.php?e=1453
レトロ日記 07:00 PM comments (x) trackback (x)

前の記事>>

ページトップへ戻る