トピックス

「電波の日」中国総合通信局長表彰を受賞

株式会社エフエム山陰 は、令和2年5月29日「電波の日」において、山陰両県の全市町村と災害協定を締結することによりラジオ放送を通じた災害時の情報伝達体制を強化し地域の放送に貢献したと認められ、中国総合通信局長表彰を受けました。

中国総合通信局ホームページ 放送発表https://www.soumu.go.jp/main_content/000689906.pdf

●「電波の日」(6月1日)
 昭和25年6月1日に電波法・放送法等が施行され、電波利用が広く国民に開放されました。これを記念して国民の電波に関する知識の普及・向上と電波利用の発展に役立つよう制定されたものです。

 

山陰両県全市町村との「災害情報発信協定」についてはこちら >> http://www.fm-sanin.co.jp/topics/6667/

 

山陰両県の全市町村と災害情報発信協定を締結しました

エフエム山陰は山陰放送(本社・米子市 坂口吉平社長)とともに、災害から命や暮らしを守る緊急放送や生活情報を関係自治体と協力して発信する「災害時における情報発信および防災啓発に関する協定」を、鳥取県及び島根県の全市町村と締結しました。

ゲリラ化する災害に対応し、市町村単位での緊急放送はもとより、防災につながる啓発番組などを両社が協力して制作し放送する取り組みで、今後は、両県単位で開く協議会で有事に役立つ情報発信の在り方などをまとめて実施します。

 

 

第1回災害防災情報発信協議会を2月27日(木)米子市内で鳥取県内の市町村と、3月2日(月)松江市内で島根県内の市町村と開催しました。
tottori 
鳥取県


島根県

 

2月27日(木)米子市内で鳥取県とも協定締結しました。

 

今後、エフエム山陰と山陰放送は山陰両県の全市町村と災害時の情報発信と防災啓発の協力関係を築いてまいります。 

 

2020年3月8日(日)午前9時~9時55分、両社で共同制作した 防災特別番組「命と暮らしを守るパートナー~いざというときのラジオ」を同時放送しました。
http://www.fm-sanin.co.jp/u/2020/06/26/880/

2020年3月23日「民間放送新聞」第2153号に「山陰2局 災害協定締結」の記事が掲載されました。

 

2 / 212