松江77.4MHz 浜田86.6MHz 邑智80.7MHz 大田82.1MHz 石見大和86.9MHz 隠岐82.7MHz 鳥取78.8MHz 羽須美87.3MHz 用瀬77.2MHz 智頭83.4MHz

おがっちのレトロ本舗 永遠のミーハー人間おがっちとシンガーソング100円ライター安来のおじが送る生放送

リクエスト&メッセージはこちらから おがっち 安来のおじ おがっちのレトロ本舗 永遠のミーハー人間おがっちとシンガーソング100円ライター安来のおじが送る生放送

前の記事>>

[おがっちの島根学講座!みたいな!」9月8日

2017.09.11 Monday

投稿者:おがっち

地域が誇る、知る人ぞ知る、島根県内各地の魅力をご紹介するしまね学講座、今回は「浜田市のヨシタケコーヒー」についてです。

担当は、浜田市観光交流課の長尾佳奈子さんです。

・三浦義武について。
三浦義武は浜田市出身で、知る人ぞ知るコーヒー界の有名人です。
太平洋戦争前、若い頃からコーヒーの研究に没頭した三浦義武は、ネルを使った独自のコーヒーの製法を考案。1935年に、東京の白木屋デパートで披露しました。
すると、濃厚で香り高いととても評判になって、日本中にネルドリップを広めるきっかけになったと言われています。
当時、義武は「ネルドリップを極めた男」と呼ばれました。

・「ヨシタケコーヒー」の特徴について。
実は、義武について研究されている安来市加納美術館の神館長が、当時の味を知る人達の証言を元に再現されたのですが、
義武のコーヒーは香り高く、コクのある深い味わいがあって、飲むと甘みが広がります。とても濃いのですが、すっきりしたあと味です。
製法を簡単に説明すると・・・
2枚重ねの綾織のネルに淹れたコーヒー粉に水を注いで攪拌し、最後に湯を注ぐ独自の抽出方法で、約1時間かけて800ccのコーヒーをゆっくり丁寧に抽出するんです。

このコーヒーを普及するため、戦後、浜田市紺屋町にコーヒー店「ヨシタケ」を開いた義武ですが、やがて、このコーヒーをヨーロッパに輸出したいと思うようになりました。
当時の浜田は缶詰製造が盛んだったことから、コーヒーの缶詰化を思いつき、1965年に世界初の缶コーヒー「ミラ・コーヒー」を発売しました。当時、飲んだ人の話によるとうまさは最高だったといいます。

義武はネルドリップコーヒーの普及に貢献しただけでなく、愛するコーヒーと故郷・浜田市の産業を結び付け、缶コーヒーの商品化を行なった人なんです。

・浜田市の「ヨシタケコーヒー」を活かしたまちづくりについて。
浜田市では日本のコーヒー文化の発展に貢献した三浦義武にちなみ、「コーヒーの薫るまちづくり」を行なっています。その取り組みの一つとして、ヨシタケコーヒーを正しく提供し、義武について語り継いでいくお店を市が認証する「ヨシタケコーヒー認証制度」を始めました。専門講師による講習を受け、コーヒーの抽出技術試験に合格したヨシタケコーヒー認証事業所では、義武がかつて淹れていた味を再現したヨシタケコーヒーを販売しています。

現在、市内5つの事業所が認証を受けており、喫茶を行なう4つの事業所でヨシタケコーヒーをお飲みいただくことができます。認証店の詳しい情報は浜田市のHPに掲載していますので、ぜひそちらで確認してみてください!このコーヒーはどうしてもたくさんは作れないので、売り切れていないかお店に確認してから行かれるといいかもしれません。また、菓子製造を行なうもう1つの事業所では、ヨシタケコーヒーを使った羊羹を開発されているところです。こちらも販売開始をご期待ください。

香り高く、コクのある深い味わいのヨシタケコーヒーが楽しめる浜田市に、是非お越し下さい!

・今日の一曲
山崎ていじ「夜汽車」

山崎さんは浜田市のご出身で日本有線大賞新人賞も獲られた話題の演歌歌手さんです。浜田市のPR大使もされています。
平成28年2月に発売された「夜汽車」のイメージビデオは浜田市の観光名所のひとつ、国指定の天然記念物「石見畳ヶ浦」、缶コーヒーのCM撮影スポットで、三浦義武さんの出身地でもある浜田市三住町にある「ゆうひパーク三隅」、そして浜田城山などが登場し、浜田市の魅力が詰まった内容となっています。

次回は9月22日の放送です。

http://www.fm-sanin.co.jp/retoro/index.php?e=1365
おがっちの島根歴史学講座!みたいな! 07:03 PM comments (x) trackback (x)

[おがっちの島根学講座!みたいな!」8月25日

2017.08.26 Saturday

投稿者:おがっち

地域が誇る、知る人ぞ知る、島根県内各地の魅力をご紹介するしまね学講座、今回は「邑南町」です。

担当は、邑南町で「耕すシェフ」として活躍中の大下有美さん。

・「耕すシェフ」について。
おいしい農産物の多い邑南町では、「ここでしか味わうことのできない食と体験」を合い言葉に「A級グルメ」の町づくりに取り組んでいます。
この自慢の地元食材を使った料理をプロデュースする人材を育成して、定住にも結びつけようというのが「耕すシェフ」という制度で、
町の観光協会が直営するレストランを拠点に、料理はもちろん、野菜づくりから経営まで学んでいます。

私は2年前に広島から来ました。
今はミルクジャムの製造や、町内に移住された方が新しくオープンしたそば屋で研修をしています。

・レシピ本「おおなん美味しい暮らし」について。

これは、邑南町のお母さんたちが作った郷土料理のレシピ本です。
お母さんの味を昔も今も変わることなく後生に伝えたいという思いで作られました。
月ごとに四季折々の料理が、100ページ以上にわたって、本当にたくさん紹介されています。

・おすすめのレシピについて。
「そういう食べ方もあるのか!」と驚きがあったのは、「古漬菜の煮物」です。
漬け物を炒めて食べるんですよ。
白菜の漬け物を使うんですね。
『少し酸味が効いていて、暑い夏の食欲がない時期におすすめ』です。
その他、おすすめレシピが多数掲載されています。

レシピ本「おおなん美味しい暮らし。」は、邑南町にある香木の森クラフト館で購入できます。
邑南町の味がぎっしり詰まったレシピ本です。
ぜひご覧ください。

・今日の一曲
X+(エクスト)「邑南町A級グルメのうた」
実はA級グルメにはうたがあって、邑南町出身で邑南町A級グルメ大使としても活動中のエクストさんが作っています。
ちなみにX+さんには、邑南町のゆるキャラであるオオナン・ショウのうたも作っていただきました。


次回は9月8日の放送です。

http://www.fm-sanin.co.jp/retoro/index.php?e=1361
おがっちの島根歴史学講座!みたいな! 05:00 PM comments (x) trackback (x)

[おがっちの島根学講座!みたいな!」7月28日

2017.07.31 Monday

投稿者:おがっち

地域が誇る、知る人ぞ知る、島根県内各地の魅力をご紹介するしまね学講座、今回は「UNNANアートスタート」について。

担当は、UNNANアートスタート実行委員会事務局の内田さん。

・「UNNANアートスタート」について。
UNNANアートスタートは、「小さな子どもたちとその家族、また大人の方のためのアート体験プログラム」のことで、雲南市木次経済文化会館チェリヴァホールを拠点に、年4回程度企画を行っています。
芸術を「観る」だけでなく、自ら参加・体験することで実感する、「おもしろさ・わくわく感」を大事にしたプログラムになっています。

・どのようなきっかけで始まったのでしょうか?
以前、雲南市内で「0歳から入れるおんがく会」という企画を3回ほど実施したのですが、その際に、
「小さなお子さんを持つご家庭では、実際に芸術を見たり聴いたりする”生の体験”のニーズが高い」と実感したことがきっかけです。

もともと雲南市内には、子育てのためのお母さんたちの学びの場や、子どもたちのためのワークショップ、イベントを企画している団体が何団体もいらっしゃったこともあり、せっかくならみんなで一緒にできたらという思いからお声掛けさせていただき、昨年から本格的にUNNANアートスタートが始まりました。

・どんなイベントをされたのでしょうか?
第1弾として、松江在住の紙芝居作家よしとさんの紙芝居ライブを企画しました。子どもたちが自分で絵を描いてライブに参加したんですよ。

・「UNNANアートスタート」に参加された方からは、どのような声が寄せられていますか?

雲南市内だけでなく、県内外からたくさんの方に参加していただいているのですが、その中でも年間通じてご参加いただいた奥出雲町在住の30代のお母さんからは
「UNNANアートスタートがあったからこの一年とても充実していました」という声をいただき、そこまで言っていただいて驚きましたが、とてもうれしかったですね。

・参加したお子さんの反応は?

みんなもう、毎回すごく楽しんでくれています!
アートに触れて、それがきっかけで夢を持ってくれた子もいますし、0歳の子は、音楽を聴いてスヤスヤ寝てくれたり。

・今年の企画について。

10月1日には今年のメイン企画「UNNANアートスタート2017遊びでからだとこころを育てる“遊育(あそいく)計画”」を行います。「遊んで育つ」と書いて「遊育」です。

この遊育というのは、遊びを通じて身体の基本動作を身につけ、コミュニケーション能力を高めるという意味の造語で、「とぶ」「ささえる」「まわる」など36種類の動作をベースに繰り広げる客席参加型の公演です。

“遊育計画”に取り組んでいるのは、世界的に活躍しているダンスカンパニー・コンドルズで、中国地方ではUNNANアートスタートでの開催が初となります。前日の「体を動かすワークショップ」への参加者は、公演当日にコンドルズとの共演もできるんですよ。

UNNANアートスタートは、子どもだけでなく大人の方がお一人で来られても楽しめる企画が満載です。また会場の装飾なども実行委員がみんなで手作りをしていて、実行委員のなかでも楽しみながら、やりがいを感じながら企画しています。アットホームな雰囲気のUNNANアートスタート、ぜひご参加いただければうれしいです。

・今日の一曲
ストライクの「グルーヴキングダム」
(遊育計画のプロモーションで使用されている、コンドルズメンバーによる楽曲です。曲の明るくて元気になる感じがとても好きです。雲南で行う遊育計画の雰囲気を曲から知ってもらえたら嬉しいです。)


次回は8月25日の放送です。

http://www.fm-sanin.co.jp/retoro/index.php?e=1350
おがっちの島根歴史学講座!みたいな! 10:48 PM comments (x) trackback (x)

[おがっちの島根学講座!みたいな!」6月23日

2017.06.27 Tuesday

投稿者:おがっち

地域が誇る、知る人ぞ知る、島根県内各地の魅力をご紹介するしまね学講座、今回は、飯南町・頓原です。

担当は、頓原町・町区連担地「はない茶屋」まかない有志の鳥屋ヶ原 美子さん、宅野 一子さん、白築 栄さんです。

・「飯南町・頓原」について。

頓原は山に囲まれた少子高齢化の小さな地域ですが、大自然の四季の変化を身近に感じられる素晴らしいところです。
この(ゆったりとした)環境で生活できるからこそ、「おんぼら」(ゆったり)とした人間性で、お互いを思いやる気持ちが生まれるのではないかと感じています。

そして、今「健康長生き体操」が町内で大流行しています。
グループごとに週1回行っていて、現在町内で300名以上が参加しています。


・「はない茶屋」誕生の経緯について。

地元で「はない」と呼ばれて親しまれた「花井鮮魚店」というお店がありまして。
我々が買い物や用事で行くと、長年一人で切りもりしておられたおばさんが、
「あがって、お茶を飲んでいけやー」
とか、手づくりされたものを
「持って帰って食えやー」
とか、誰にでも気軽に声を掛けて下さっていました。
ですが、平成20年にこのおばさんが亡くなられてからは、空き家になっていました。
県外にお住まいのご家族からは、「いつでも家を使ってくれ」と言っていただいていましたが、しばらくは空き家のままでした。
そうした所、3年ほど前に、頓原公民館から、地域のお茶飲み場をはじめないか、とお話しがありまして。近隣の婦人会数名で話し合い、「はない茶屋」としてオープンすることになったんです。

平成26年の「はない茶屋」のオープンでは、近くに住む“まかない有志”が、おしるこや栗の焼き菓子などの、お茶口を準備しました。
20名位にいらしていただいたのですが、中でも、「家に一人で居ると、上と下の唇がくっついてしまいそう」と言っておられた1人暮らしの女性が、はない茶屋で「大笑いした」と喜んで帰られたことが、忘れられません。
一人でも喜んでくださる方のために、継続することが大切だなぁ、と思いました。

・「はない茶屋」について。

開催日時は毎月第2、第4木曜日の午前10時〜12時までの、1日2時間限定です。昔から頓原は、お客さんが来るとすぐにお茶を出す所です。お茶受けも、ご飯のおかずになるような煮物、漬物などで、「はない茶屋」でも手づくり料理を主に出しています。
当日は利用される方などからの差し入れもありますので、品数は毎回とても多いです。

毎回つくっている定番メニューは「はないボール」です。豆腐で作ったドーナツなんです。(当日、現物を持っていきます)
また、その年最後の開催日には、「サバの煮つけ」を作っています。これは、はないのおばさんがよく作っていたもので、当時の味を思い出しながら再現しています。

地元の子供たちが園外保育や校外活動でやってきたり、飯南高校の寮生と一緒に食事を作ったりしています。ほかにも、病院の実習生などが研修の一環で来られることもあります。
また、はない茶屋が開催されないときは、趣味の講座なども開かれるようになりました。

「はない茶屋」は頓原地域のみならず、誰でも利用できます。
第2、第4木曜日に「ちょっと行ってみよう」という感覚で是非お越しください。
まかない有志一同、心よりお待ちしております。


次回は7月14日の放送です。

http://www.fm-sanin.co.jp/retoro/index.php?e=1338
おがっちの島根歴史学講座!みたいな! 06:03 PM comments (x) trackback (x)

[おがっちの島根学講座!みたいな!」6月9日

2017.06.10 Saturday

投稿者:おがっち

地域が誇る、知る人ぞ知る、島根県内各地の魅力をご紹介するしまね学講座、今回は、今年世界遺産登録10周年を迎える石見銀山遺跡について。

担当は、大田市観光振興課の和田薫さん。

・「石見銀山遺跡」について。

石見銀山遺跡は戦国時代に開発が始まったといわれる鉱山遺跡で、2007年7月2日に世界文化遺産に登録されました。銀を掘った坑道だけでなく、鉱石を運んだ道や、積み出しに使った港などが世界遺産の範囲になっています。これらの遺跡が状態よく残っていることや、計画的に木を植えるなど環境に配慮した鉱山経営が行われてきたことが評価された遺跡なんです。

世界に認められた遺跡が大田市にあるということはとても素晴らしく、誇らしいことです。また、10年前の登録についても、10周年を迎えることができたことについても、地元のみなさんのご理解とご協力があったおかげだと思っています。
10年をひとつの節目として、この先更に10年20年と、地元の方や子ども達が誇れるように守っていきたいと思います。

・「石見銀山展」について。

「石見銀山展」は、大森町の石見銀山資料館と、出雲市の古代出雲歴史博物館の2館で同時に開催される特別展です。
テーマは、「銀が世界を変えた」。
15世紀から17世紀の大航海時代に、銀を通して世界的な交流が生み出されたことや、それによって日本国内が大きく発展していったことを紹介する展示になっています。

古代出雲歴史博物館では、
「銀が世界を変えた」というテーマにちなんで、石見銀山と同時代に最盛期を迎えた世界遺産「ポトシ銀山」のある南米ボリビアから、日本初公開となる銀製品などがやってきます。
また、石見銀山資料館では、銀山での採掘作業などを描いた石見銀山絵巻など、普段はなかなか見ることのできない貴重な展示品が多数並びます。
「価値がわかりにくい」と言われてしまうことの多い石見銀山ですが、この「石見銀山展」を通して、「なぜ石見銀山が世界遺産となったのか」、その意味と価値について知っていただく機会となればと思います。

会期は7月14日から9月3日まで。現在、前売り券を発売しています。詳しくは古代出雲歴史博物館のホームページをご覧ください。

・石見銀山遺跡最大級の坑道と言われる、大久保間歩が公開区域を拡大されることについて。

世界遺産登録10周年を記念して、7月から、これまでの公開範囲から更に奥の、福石場と呼ばれる地下空間が公開されます。地下に広がる巨大空間はまさに圧巻で、石見銀山の広大さや坑夫の技術を感じさせる、神秘的な空間です。
年間を通して一般公開されている「龍源寺間歩」には入ったことがある、という方も、大久保間歩に入られたら規模の大きさに驚かれると思います。

・そのほかの10周年記念イベントについて。

7月2日からは「石見銀山世界遺産登録10周年観光キャンペーン実行委員会」が行う観光キャンペーンがスタートします。キャンペーン期間中は豪華賞品が当たる企画を計画中です。詳しくは「石見銀山 10周年」で検索して、キャンペーンサイトをご覧ください。
大田市に来たことがないという方もたくさんおられると思うので、この機会にぜひ石見銀山へ遊びにきてください。

・今日の一曲
近藤夏子「0854-8」
大田市観光大使の近藤夏子さんに作曲を、宮根誠司さんに作詞をしていただいた、大田市の愛唱歌です。タイトルの「0854-8」というのは大田市の市外局番で、歌詞にも大田らしさがあふれています。大田市内では毎日夕方にこの曲が流れているんですよ。


次回は6月23日の放送です。

http://www.fm-sanin.co.jp/retoro/index.php?e=1333
おがっちの島根歴史学講座!みたいな! 08:42 PM comments (x) trackback (x)

前の記事>>

ページトップへ戻る